fotowa (フォトワ)でお宮参りの写真を一生の記念に残そう!

 

お宮参りは赤ちゃんが誕生して、初めての大切なイベントで、誕生のお祝いと健やかなる成長を祈る行事です。

 

fotowa (フォトワ)では専門性の高いプロカメラマンが一生の記念として、素敵な写真を撮影してくれます。

 

 

お宮参りとは?

 

お宮参りとは赤ちゃんが誕生して、初めて生まれた土地の守り神様である産土神様に参拝する行事のことを言います。

 

お宮参りはいろいろな言い方があり、うぶすなまいり(産土参り)、初宮参り(はつみやまいり)、初宮詣(はつみやもうで)などと言うこともあります。

 

お宮参りでは、赤ちゃんの誕生のお祝いと健康、長寿を祈る儀式ですが、このお宮参りの際に、お母さんの安産のお礼参りも兼ねてお参りするという風習もあります。

 

 

お宮参りはいつ行く?

 

お宮参りは必ずこの日じゃないとダメということはありません、生後1ヵ月頃の都合の良い日を選んで神社に参拝して、赤ちゃん誕生を祝い健康と長寿を祈りましょう。

 

正式には男の子は生後31日目、女の子は生後32日目とする地域が多いようですが、天候や仕事の都合などもありますので、ある程度の前後は問題ないとされています。

 

生まれた日によって当然、季節も違いますので、お宮参りに春夏秋冬の季節は関係ありません。

 

天候によっては猛暑や寒気などもあり、赤ちゃんも親御さんも体調を優先して、お宮参りの時期をずらすこともあります。

 

 

お宮参りの服装は?

 

 

お宮参りは、正式には妻の実家が送った祝着を着せるというのがあり、赤ちゃんのお宮参り服装は、男の子はのし目模様、女の子は友禅模様などがあります。

 

しかし最近では、衣装はデパートで購入したり、両親と赤ちゃんだけのお参りも多いため、祝い着もベビードレスといった実用的なものを着せることがあります。

 

購入だけではなく、レンタルも様々な衣装がありますので、利用してみるのも良いと思います。

 

 

お宮参りの仕方や作法

 

全てきちんと作法に従った方法では、参拝する神社に予約をして、神職に祝詞(のりと)をあげてもらいますが、通常のお宮参りは、家族で近くの神社に参拝するだけでも十分と言われています。

 

どちらで決めたとしても作法はしっかりと覚えておいて損はありません。

 

神社を訪れたら、先ずは境内の手洗い場で、手を洗い口をすすいで、神社に進みます。

 

そして、お賽銭をあげて、鈴を鳴らして2礼してください。その後に、大きくかしわ手を2回打ち、1礼をして終了となります。

 

 

お宮参りの撮影はプロにおまかせ

 

 

お宮参りの服装や作法などを理解したことでスムーズに参拝を進められると思いますが、大切な行事では、やはり写真撮影をしたいと思います。

 

通常は家族で神社に行き、撮影はスマホですると思いますが、お父さんが撮影して写真に写っているのはお母さんとお子さんだけということになります。

 

スタジオなどに行き、当日か後日に家族写真を撮るという方もいますが、たくさんの写真を撮ったとしても、その中から数枚の写真を選び、そのデータ全てをもらうということはできません。

 

せっかくの家族写真なのに、せいぜい数枚の写真を選んで、それでもある程度のお金と時間がかかってしまいます。

 

それがfotowa (フォトワ)では価格もリーズナブルなのと、何より神社などにも来てくれて、アクティブでキレイな家族写真をたくさん撮ってくれます。

 

しかも数枚選ぶということではなく、75枚以上の写真のデータをもらえるので、かなりお得です。

 

あらためてスタジオなどに行かなくても撮影をしてもらえるというサービスというのは本当に時間の短縮にもなりますので、利用してみるのが良いと思います。

 

⇒ fotowa (フォトワ)公式ページはこちら